【Google Pixel 3 XL】「Googleフォト」の使い方ー特典(元の画質で無制限に保存できる)を生かそう

2019/03/19

 Google Storeでの「Google Pixel 3」の概要説明の注釈に
『Pixel 3 から「Googleフォト」に写真や動画をアップロードする場合は、元の画質で無制限に保存できるオンラインストレージを2022年1月31日まで無料で使用できます。2022年1月31日以前にアップロードした写真と動画は、その後も元の画質のまま無料で保存できます。』とあります。

・スポンサーリンク


 ということで、「Googleフォト」について、詳しく知っておいたほうがいいと思います。

 Googleのサービスを利用すると、スマートフォン(Android端末、iPhone端末)で撮影した写真をクラウドストレージ「Google One」で一元管理することができます。

■■【Google Pixel 3 (&XL)】の使い方に関する関連記事■■

1.クラウドストレージ「Google One」について

 Android端末を利用している方は、少なくとも一つのGoogleアカウントを所持しているはずです。
 一つのGoogleアカウントに対して、15GBのクラウドストレージが無料で割り当てられています。

 このクラウドストレージは、「Gmail」「Drive」「Photos」アプリ等の共通の保存領域になっています。

【TIPS】現在、どのくらいの容量をクラウドストレージで使っているかを知る方法

①「Googleフォト」を開いて、3ラインメニューボタンをタップします。
②サイドメニューが表示されるので、「ヘルプ」をタップします。
③ヘルプの項目の中にある「写真や動画をバックアップする」をタップします。
④一番下までスクロールして、「詳しくは、Googleフォトの…」の部分をタップします。
⑤そうすると、現在の使用容量がアプリごとにわかります。


⑥15GBでも不足の方は、有料(100GBの場合は、年額2,500円)でアップグレードできます。

・スポンサーリンク


2.写真(動画)をクラウドストレージにバックアップする方法(Android端末の場合)

 Android端末(スマートフォン)で撮影した写真(動画)は、内部ストレージの「DCIM」フォルダ内に保存されています。(Pixel 3 XLの場合:DCIM>Camera)

 自動あるいは手動で、写真(動画)をクラウドストレージにバックアップすることができます。

1)自動でバックアップする方法

①「Googleフォト」を開いて、3ラインメニューボタンをタップして表示されるサイドメニューの「設定」をタップします。
②設定画面で、「バックアップと同期」をタップします。
③「バックアップと同期」画面で、「バックアップと同期」を有効にします。

 これで、「DCIM」フォルダ内にある写真(動画)は、WiFiに接続されているときに、自動的にクラウドストレージにバックアップ(アップロード)されます。

【TIPS】「バックアップと同期」画面におけるそのほかの設定について

①「端末のフォルダのバックアップ」

 上記の設定で自動的にバックアップされるのは、「DCIM」フォルダ内にある写真(動画)ですが、ここに表示される(画像が格納されている)フォルダ(名)も自動バックアップの対象にしたい場合に有効にします。

②「アップロードサイズ」※「Google Pixel 3(XL)」にはこの設定はありません。

 「高画質」か「元のサイズ」かの選択ができます。

ア)「高画質」を選択すると、クラウドストレージを無制限・無料で利用することができます。つまり、15GB無料プランの容量には加算されないということです。
 ただし、以下の制限があります。
・写真のサイズが「16MP(メガピクセル)」を上回る場合は、「16MP」まで縮小されます。
・動画の解像度が「1080p」を上回る場合は、「1080p」に調整されます。

※例として、「Huawei Mate 10 Pro」を使って「20MP」で撮影した写真を「高画質」でバックアップ(アップロード)すると「16MP」になって容量も圧縮されています。
 

※「16MP」以下の写真については、「MP」は変更されていませんが、容量は圧縮されます。

イ)「元のサイズ」を選択すると、クラウドストレージの容量に加算されていきます。

③「モバイルデータ通信でのバックアップ」

 WiFi環境がないときに、写真(動画)をバックアップしたいときは、ここを有効にします。
※不用意に「有効」にしておくと、データ通信量が増大するので注意してください。

・スポンサーリンク



 
2)手動でバックアップする方法

 自動でのバックアップを設定していないときは、個別にクラウドストレージにバックアップ(アップロード)していきます。

①「Googleフォト」を開いて、バックアップしたい写真をタップします。
②「アップロード」ボタンをタップします。
③確認もなくすぐにアップロードが始まります。

【TIPS】クラウドストレージの「Googleフォト」を確認する方法

①「Googleフォト」を開いて、3ラインメニューボタンをタップします。
②サイドメニューが表示されるので、「ヘルプ」をタップします。
③ヘルプの項目の中にある「写真や動画をバックアップする」をタップします。
④「photos.google.com」をタップします。
⑤Chromeが開いて、クラウドストレージの「Googleフォト」に保存されている写真(動画)を見ることができます。

・スポンサーリンク


3.「Google Pixel 3(XL)」における「元の画質のまま無制限・無料で保存できる」特典について

1)「Googleフォト」の設定

 「Google Pixel 3(XL)」のプリイン「Googleフォト」の初期設定では、「バックアップと同期」が無効になっているので、これを「有効」にします。
 「アップロードサイズ」に関する設定はなく、これだけで特典を受けることができます。

 ※2022年2月1日以降は、「高画質」でバックアップされるみたいです。

2)「カメラ」の設定

 写真および動画の解像度を最大に設定しておきます。



【Android 10】システムアップデート

■【Android 10】新機能まとめ
■【Android 10】アップデート後、最初にしておきたいこと
■【Android 10】新機能「ジェスチャーナビゲーション」の設定と使い方
■【Android 10】「通知」に関する新機能と変更点



【Google Pixel3 XL】の使い方 関連記事

◆開封の儀&セットアップ
◆セットアップ後、最初にしたこと、したいこと
◆指紋の登録と指紋認証および指紋センサーの使い方
◆Googleアカウントの設定
◆スクリーンショットの取得方法



◆ホーム画面上でのジェスチャー操作について
◆ホーム画面(アプリ「Pixel Launcher」)の使い方とカスタマイズ
◆最近利用したアプリの履歴画面の使い方と分割画面への移行方法
◆壁紙の変更方法
◆ロック画面の使い方とカスタマイズ



◆クイック設定パネルのカスタマイズと使い方
◆超便利「ユーザー補助機能メニュー」を使ってみよう。
◆「通知」に関するカスタマイズ
◆「マナーモード」(Do Not Disturb)について
◆端末本体(含むハードボタン)への操作による動作について



◆設定「Digital Wellbeing」とはー「おやすみモード」(Wind Down)について ◆ロック状態でも「Googleアシスタント」を利用する方法
◆「Googleアシスタント」を使ってスクリーンショットを撮る方法
◆「Google Pixel 3 XL」の画面をテレビ等にミラーリングする「キャスト」の使い方
◆「Google Pixel 3 XL」に外部(物理)キーボードとマウスを繋げてみよう。



◆「Google Pixel 3 XL」で「Suica」を使ってみよう。
◆プリインアプリ「ファイル」のカスタマイズと使い方
【番外】Googleが提供するファイル管理アプリ「Files by Google」の使い方
◆隠し設定メニュー「開発者向けオプション」の利用の仕方
◆プリインアプリ「カメラ」の機能と使い方1-入門編
◆プリインアプリ「カメラ」の機能と使い方2-少し高度な使い方



◆プリインアプリ「カメラ」の機能と使い方3-『Playground』の使い方
◆「Googleフォト」の使い方ー元の画質で無制限に保存できるようにしよう
◆着信音・アラーム音・通知音を変更する方法
◆端末を初期化(リセット)するときのバックアップと復元の方法について
◆「スリープ解除⇒ロック解除」および「スリープ⇒ロック」に関する豆知識
◆特定の条件下においてロックが掛からないようにする「Smart Lock」の使い方



※「<」「>」をタップ(クリック)するとスライドします。
【Google Pixel 3 周辺機器】
 

-Google_App
-, ,