【Google Pixel 3 XL】プリインアプリ「カメラ」の機能と使い方1-入門編

2019/03/19

 スマートフォンで写真を撮るときは、ホワイトバランス、露出、シャッター速度、ISO等の調整に関しまったく気にせず、すべてカメラアプリにお任せで、ただただシャッターを押していることと思います。

・スポンサーリンク


 「Google Pixel 3 XL」(Ver:6.1.021.220943556)のカメラアプリには、たくさんの新機能がありますが、ここでは、ほぼ初期設定のままでの使い方について紹介します。

※「少し高度な使い方」についてはこちらを参照ください。

■■【Google Pixel 3 (&XL)】の使い方に関する関連記事■■

1.「カメラ」アプリを開いたときの画面

 画面タブが、左から「パノラマ」「ポートレート」「カメラ」「動画」「その他」とあります。左右にスワイプするかまたはそのタブをタップすることで、画面(撮影)モードを切り替えることができます。

・スポンサーリンク


2.「ファインダーウィンドウ」でできること

 初期設定におけるファインダーウィンドウの機能です。

1)背面カメラ

・「カメラ」モード・「ポートレート」モード

①タイマーの切替:「OFF」「3秒」「10秒」

②モーションの切替:「自動」「ON」「OFF」

※モーションは、短いビデオのように、ショットをスナップする前後にいくつかのフレームをキャプチャします。
※詳細はこちらをご覧ください。

③ホワイトバランスの切替:「自動」「晴れ」「くもり」「蛍光灯」「電球」

④フラッシュの切替:「OFF」「自動」「ON」

⑤ズーム:5段階
⑥背面/前面カメラの切替
⑦シャッター
⑧撮影した写真/動画を表示(Googleフォト?が開く) ※【補足】を参照
⑨顔レタッチ:「ナチュラル」「ソフト」「OFF」

⑩タップしてフォーカス

・「パノラマ」モード・「動画」モード

⑪録音:「OFF」「ON」

⑫パノラマ撮影時の端末の移動方向
⑬フレームレート:「自動」「30」(1秒間に30コマ)

⑭録画開始/終了

2)前面カメラ

 背面カメラとの違いは
・「カメラ」モードに、「ポートレート」コントロールボタンがある
・「ズーム」機能が3段階
・「動画」モードに、「ftp」」コントロールボタンがない
です。

・スポンサーリンク


【補足】撮影した写真を表示したときの画面でできること

①カメラの「ファインダーウィンドウ」に戻ります。
②「Googleフォト」が開きます。
③この写真を共有します。

④この写真の編集ができます。
⑤「Googleレンズ」が開きます。
⑥この写真をゴミ箱に移動します。

⑦サブメニューが開きます。
ⅰ)この写真の情報(プロファイル)が確認できます。
ⅱ)スライドショー?
ⅲ)アルバムに追加
ⅳ)写真を他(「壁紙」「連絡先」)で利用できます。

ⅴ)この写真を印刷できます。
ⅵ)この写真を「Mackup」で編集できます。
ⅶ)この写真を削除します。

ⅷ)この写真を「Google One」にバックアップします。

・スポンサーリンク


3.設定

 設定は、「その他」タブ画面にあります。

1)位置情報を保存

 「写真」「動画」のロケーションスタンプ(位置情報)を記録するかしないかの設定ができます。

2)Googleレンズの候補

 ※Googleレンズについては、別稿予定

3)操作

①音量ボタンを押下したときの動作を設定:「シャッター」「ズーム」「音量」「なし」
②画面上ダブルタップしたときの動作を設定:「ズーム」「カメラ切替」「OFF」

4)グリッドの種類

 傾き補正等に利用できるグリッド線を画面に表示できます。
 グリッドの種類は、「3x3」「4x4」「黄金比」です。

5)写真の解像度

 カメラの写真解像度を設定します。

6)動画の解像度

 カメラの動画解像度を設定します。

7)動画の手振れ補正

8)詳細設定―HDR+コントロール:「HDR+オフ」「HDR+オン」「HDR+拡張」

 有効にすると、ファインダーウィンドウにコントロールボタンが表示されます。
 「HDR+」は、複数のショットをキャプチャし、それらを合成してノイズの少ない単一画像を生成します。光のコントラストの強い風景等を撮影するのに適しています。

 ※HDRは、High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略
※興味のある方は、こちらを参照ください。

9)詳細設定―RAW+JPEGの管理:「JPEG」「RAW+JPEG」

 有効にすると、ファインダーウィンドウにコントロールボタンが表示されて、撮影した写真がRAW形式と標準形式で保存されます。
 RAW形式は、未加工の画像データで、あとで専用ソフトを使って、いろいろと加工(補正と編集)ができるようになっています。(プロ向け仕様)

※保存先:本体>内部ストレージ>Picture>Raw
※RAW形式での保存は、かなりの容量を消費するので注意が必要です。

・スポンサーリンク


4.いろいろなシャッターの切り方

1)「ファインダーウィンドウ」で、シャッターボタンをタップします。※最も一般的

2)ハードの音量ボタンを押下します。【設定が必要:3.3)を参照】

3)Googleアシスタントを利用する方法

①「OK Google」と発声⇒Googleアシスタントが起動
③「写真を撮って」と発声⇒「カメラ」アプリが起動して、3秒後にシャッターが切られます。
※「自分の写真を撮って」と発声すると、自撮りができます。
 
4)フォトブース機能を使う方法(自撮り専用)

※こちらを参照してください。



【Android 10】システムアップデート

■【Android 10】新機能まとめ
■【Android 10】アップデート後、最初にしておきたいこと
■【Android 10】新機能「ジェスチャーナビゲーション」の設定と使い方
■【Android 10】「通知」に関する新機能と変更点



【Google Pixel3 XL】の使い方 関連記事

◆開封の儀&セットアップ
◆セットアップ後、最初にしたこと、したいこと
◆指紋の登録と指紋認証および指紋センサーの使い方
◆Googleアカウントの設定
◆スクリーンショットの取得方法



◆ホーム画面上でのジェスチャー操作について
◆ホーム画面(アプリ「Pixel Launcher」)の使い方とカスタマイズ
◆最近利用したアプリの履歴画面の使い方と分割画面への移行方法
◆壁紙の変更方法
◆ロック画面の使い方とカスタマイズ



◆クイック設定パネルのカスタマイズと使い方
◆超便利「ユーザー補助機能メニュー」を使ってみよう。
◆「通知」に関するカスタマイズ
◆「マナーモード」(Do Not Disturb)について
◆端末本体(含むハードボタン)への操作による動作について



◆設定「Digital Wellbeing」とはー「おやすみモード」(Wind Down)について ◆ロック状態でも「Googleアシスタント」を利用する方法
◆「Googleアシスタント」を使ってスクリーンショットを撮る方法
◆「Google Pixel 3 XL」の画面をテレビ等にミラーリングする「キャスト」の使い方
◆「Google Pixel 3 XL」に外部(物理)キーボードとマウスを繋げてみよう。



◆「Google Pixel 3 XL」で「Suica」を使ってみよう。
◆プリインアプリ「ファイル」のカスタマイズと使い方
【番外】Googleが提供するファイル管理アプリ「Files by Google」の使い方
◆隠し設定メニュー「開発者向けオプション」の利用の仕方
◆プリインアプリ「カメラ」の機能と使い方1-入門編
◆プリインアプリ「カメラ」の機能と使い方2-少し高度な使い方



◆プリインアプリ「カメラ」の機能と使い方3-『Playground』の使い方
◆「Googleフォト」の使い方ー元の画質で無制限に保存できるようにしよう
◆着信音・アラーム音・通知音を変更する方法
◆端末を初期化(リセット)するときのバックアップと復元の方法について
◆「スリープ解除⇒ロック解除」および「スリープ⇒ロック」に関する豆知識
◆特定の条件下においてロックが掛からないようにする「Smart Lock」の使い方



※「<」「>」をタップ(クリック)するとスライドします。
【Google Pixel 3 周辺機器】
 

-Google Pixel 3
-, , , ,