【Google Pixel 3 XL】「スリープ解除⇒ロック解除」および「スリープ⇒ロック」に関する豆知識

2019/03/19

 「Google Pixel 3 XL」の画面をオン(点灯)にする(スリープ解除の)方法は、電源ボタンを押下するだけではなく、他に便利な方法が用意されています。

・スポンサーリンク


 また、ロック解除の方法についてもいろいろな選択肢があります。
 端末のシチュエーションやセキュリティを考慮して、最も適した方法を見つけるための参考にしてください。

■■【Google Pixel 3 (&XL)】の使い方に関する関連記事■■

Ⅰ.スリープ解除およびロック解除の方法

1.スリープ解除(画面オフからオンへ)の方法

1)電源ボタンを押下

 最も一般的なスリープ解除方法ですが、ハードボタンなので、酷使するとが壊れる恐れがあります。

ということで、以下、ハードボタンを使わないスリープ解除方法です。

2)端末を持ち上げる

・設定⇒システム⇒操作⇒端末を持ち上げて通知をチェックで、「端末を持ち上げて通知をチェック」を有効にします。

※詳しくはこちらをご覧ください。

3)画面をダブルタップする

・設定⇒システム⇒操作⇒端末の画面をダブルタップして通知をチェックで、「端末の画面をダブルタップして通知をチェック」を有効にします。

4)指紋認証

 スリープ解除と同時にロックも解除します。

・設定⇒セキュリティと現在地情報⇒Pixel Imprint
※詳しくはこちらをご覧ください。

5)「OK Google」と発声 または スクイーズ

 Googleアシスタントが起動します。

・設定⇒セキュリティと現在地情報⇒Smart Lock⇒Voice Matchで、「Voice Matchでアクセス」を有効にします。
※詳しくはこちらをご覧ください。

※「スクイーズ」についてはこちらを参照してください。

・スポンサーリンク


2.ロック解除の方法

1)PIN、パスワード、パターン

・設定⇒セキュリティと現在地情報⇒画面ロック⇒画面ロックを選択で、「PIN」「パスワード」「パターン」のいずれかを選択します。

2)指紋認証

※前述(Ⅰ.1.4))を参照

3)Smart Lock

 ※こちらを参照してください。

3.スリープ解除⇒ロック解除の操作方法まとめ

※「Smart Lock」および「Lock Down」を無効にしている場合

①指紋認証
②電源ボタン押下
③画面をダブルタップ または 端末を軽く持ち上げる
④「OK Google」と発声 または スクイーズ
⑤画面をダブルタップ
⑤'画面をタップ
⑥画面の鍵(または指紋)マークをタップ または 画面を上にスワイプ
⑦PIN(あるいはパターン、パスワード)入力

・スポンサーリンク


4.ロックダウンについて

1)ロックダウン(Lock Down)機能とは

 ロックダウン機能は、Android Pie からの機能で有効にすると

・指紋認証が無効
・「Smart Lock」が無効
・「Voice Match」が無効
・ロック画面への通知が非表示

となり、ロック解除の方法がPIN(あるいはパターン、パスワード)入力だけになってセキュリティが向上します。

2)ロックダウン(Lock Down)機能を有効にする方法

 電源オプションに「ロックダウン」ボタンが表示させて、このボタンをタップします。

①設定画面で、「セキュリティと現在地情報」をタップします。
②「セキュリティと現在地情報」画面で、「ロック画面の設定」をタップします。
③「ロック画面の設定」画面で、「ロックダウン オプションの表示」を有効にします。

④電源オプションに「ロックダウン」ボタンが表示されます。このボタンをタップするとロックダウン機能が有効になります。

※電源オプションは、電源ボタンを長押しするか、「ユーザー補助機能メニュー」の「電源」をタップすると表示されます。

3)ロックダウン(Lock Down)機能を無効にする方法

 PIN(あるいはパターン、パスワード)入力でロック解除することで、ロックダウン機能は無効になります。

・スポンサーリンク


Ⅱ.画面オフ(スリープ)から端末ロックまで

1.自動による画面オフ(スリープ)から端末ロックまでのタイミング

1)スリープ状態にするまでの画面を操作しない時間設定

 15秒から30分までで設定できます。

①設定画面で、「ディスプレイ」をタップします。
②「ディスプレイ」画面で、「スリープ」をタップします。
③「スリープ」までの時間を設定します。

・スポンサーリンク


2)スリープ状態からロック状態にするまでの時間設定

 即時から30分までで設定できます。

①設定画面で、「セキュリティと現在地情報」をタップします。
②「セキュリティと現在地情報」画面で、「画面ロック」の横にある「歯車」アイコンをタップします。
③「自動ロック」をタップします。

④「自動ロック」までの時間を選択します。

※ただし、「Smart Lock」適用中、この設定は機能しません。

2.電源ボタン押下による端末ロックまでの時間設定

 前項の「セキュリティと現在地情報」画面で、「電源ボタンですぐにロックする」を有効にしていると、電源ボタン押下で画面オフと端末ロックが同時に機能します。
 有効にしていないときは、前項で設定している「自動ロック」までの時間が適用されます。

3.手動による端末ロック

 電源ボタン押下でも、端末ロックはできますが、ハードボタンなので、酷使したくありません。
 そこで、「ユーザー補助機能メニュー」の「画面ロック」をタップします。

 ※前項までの設定にかかわらず、即時、ロックが掛かります。

※「ユーザー補助機能メニュー」については、こちらをご覧ください。

【Google Pixel3 XL】の使い方 関連記事

◆開封の儀&セットアップ
◆セットアップ後、最初にしたこと、したいこと
◆指紋の登録と指紋認証および指紋センサーの使い方
◆Googleアカウントの設定
◆スクリーンショットの取得方法



◆ホーム画面上でのジェスチャー操作について
◆ホーム画面(アプリ「Pixel Launcher」)の使い方とカスタマイズ
◆最近利用したアプリの履歴画面の使い方と分割画面への移行方法
◆壁紙の変更方法
◆ロック画面の使い方とカスタマイズ



◆クイック設定パネルのカスタマイズと使い方
◆超便利「ユーザー補助機能メニュー」を使ってみよう。
◆「通知」に関するカスタマイズ
◆「マナーモード」(Do Not Disturb)について
◆端末本体(含むハードボタン)への操作による動作について



◆設定「Digital Wellbeing」とはー「おやすみモード」(Wind Down)について ◆ロック状態でも「Googleアシスタント」を利用する方法
◆「Googleアシスタント」を使ってスクリーンショットを撮る方法
◆「Google Pixel 3 XL」の画面をテレビ等にミラーリングする「キャスト」の使い方
◆「Google Pixel 3 XL」に外部(物理)キーボードとマウスを繋げてみよう。



◆「Google Pixel 3 XL」で「Suica」を使ってみよう。
◆プリインアプリ「ファイル」のカスタマイズと使い方
【番外】Googleが提供するファイル管理アプリ「Files by Google」の使い方
◆隠し設定メニュー「開発者向けオプション」の利用の仕方
◆プリインアプリ「カメラ」の機能と使い方1-入門編
◆プリインアプリ「カメラ」の機能と使い方2-少し高度な使い方



◆プリインアプリ「カメラ」の機能と使い方3-『Playground』の使い方
◆「Googleフォト」の使い方ー元の画質で無制限に保存できるようにしよう
◆着信音・アラーム音・通知音を変更する方法
◆端末を初期化(リセット)するときのバックアップと復元の方法について
◆「スリープ解除⇒ロック解除」および「スリープ⇒ロック」に関する豆知識
◆特定の条件下においてロックが掛からないようにする「Smart Lock」の使い方


※「<」「>」をタップ(クリック)するとスライドします。
【Google Pixel 3 周辺機器】
 

-Google Pixel 3
-, , , , , , , , , ,