【Google Pixel 3 XL】に外部(物理)キーボードとマウスを繋げてみよう。

2018/12/05

 「Google Pixel 3 XL」(ピクセル3)の画面をChromecastを利用して、大画面のテレビ(ディスプレイ)に表示することができたので、キーボードとマウスを「Google Pixel 3 XL」に接続してより効率よく操作したいと思います。

・スポンサーリンク


 接続する方法として
・有線(USBキーボードとUSBマウス)
・Bluetooth(Bluetooth対応のキーボードとマウス)
・ワイヤレス(USBレシーバー式のキーボードとマウス)
の3通りが考えられます。

※個人的環境で、動作したものを紹介しています。(すべての機器での動作保証するものではありません。新たに機器を購入する場合は、自己責任でお願いします。)

1.有線

1)接続に必要な機器

 「Google Pixel 3 XL」の接続端子は、USBタイプCが一つあるだけです。
 通常有線キーボード・マウスは、USBタイプBなので、接続端子の形状が違うし、また、USB端子が少なくとも2つ必要になるので、数も足りません。
 そこで、USB変換アダプタ(C to B)兼USBハブが必要となります。

・接続例(写真のUSB変換アダプタはミヨシ TYPE-C用 4ポートUSBホストアダプタ SAD-HH02/BKです。)

ミヨシ TYPE-C用 4ポートUSBホストアダプタ SAD-HH02/BK
¥ 1,148

サンワサプライ 有線USBキーボード 標準日本語配列 メンブレン ブラック SKB-L1UBK
¥ 651
¥ 1,404
Logicool ロジクール 有線光学式3ボタン マウス M100r ブラック
¥ 645
¥ 810

2)物理(外部)キーボードの設定

①「Google Pixel 3 XL」に外部キーボードを接続すると、通知パネルに『物理キーボードの設定 タップして言語とレイアウトを選択してください。』と表示されるので、タップします。
※通知パネルが表示されない場合は、【設定】⇒【システム】⇒【言語と入力】⇒【物理キーボード】
②「物理キーボード」の設定画面になるので、「U+P Keyboard」部分をタップします。
③「キーボードレイアウトの設定」をタップします。

④「キーボードレイアウト」画面になるので、「日本語 109A 配列」を選択して、戻るボタンをタップします。
⑤⑥「キーボードレイアウト」が「日本語 109A 配列」になっていることが確認できます。
⑦キーボードから入力切り替え(英語←→日本語)ができない場合、仮想キーボードを利用して入力切り替えをするために「有効」にします。

これで、外部キーボードが利用できるようになります。
※マウスは、接続するだけで、利用可能です。

・スポンサーリンク


【TIPS】キーボードのショートカット
 ショートカットキーを利用することができます。

 ここで、「虫眼鏡」キーは、「Windowsキー」で動作しました。
 残念ながら、「入力方法の切り替え」だけが動作しませんでした。※仮想キーボードから切り替える必要があります。
 特に便利なのは、「戻る」「最近」(アプリの切り替え)です。※マウスは、ドラッグ操作が苦手?
 また、ここにはないですが、キー単体で
・「Print Screen」キーで、スクリーンショットが撮れます。
・「メニュー」キーで、メニューが表示できます。

2.Bluetooth

 Bluetooth対応のキーボードとマウスが、必要な機器となります。
 ここでは、ポケモンキーボードべリックスBluetoothマウスを使います。

・スポンサーリンク


1)(ポケモン)キーボードの接続

①設定画面で、「接続済みの端末」をタップします。
②「接続済みの端末」画面で、「接続の設定」をタップします。
③「接続の設定」画面で、「Bluetooth」をタップします。

④「Bluetooth」画面で、Bluetoothを「ON」にします。
⑤「新しいデバイスとペア設定する」をタップします。
⑥ここで、「ポケモンキーボード」で「Fn」を押しながら電源をオンにします。
⑦使用可能なデバイスに「Nintendo Wireless Keyboard」と表示されるので、タップします。

⑧表示された「設定コード」を「ポケモンキーボード」に入力して「Enter」を押します。
⑨これで、「ポケモンキーボード」が接続されました。

※キーボードレイアウトの設定方法は、1.2)と同じなので、そちらを参照してください。
※ショートカットキーも「入力方法の切り替え」以外は動作します。(「虫眼鏡」キーは、「ホームキー」で動作)

2)マウスの接続

①「接続済みの端末」画面で、「新しいデバイスとペア設定する」をタップします。
②ここで、マウスの裏側にある電源を「ON」にして、さらにその右側にあるボタンを5秒以上押します。
③使用可能なデバイスに「Perixx BT Mouse」と表示されるので、タップします。

④ペアとして設定中になります。
⑤「ペア設定する」をタップします。
⑥これで、マウスが接続されました。

3)接続解除

 キーボードおよびマウスの電源をオフにするとBluetoothとの接続も解除されます。

・スポンサーリンク


4)再接続

 マウスは、電源をオンにすると再接続されます。
 ポケモンキーボードは、
①「接続済みの端末」画面で、「以前接続されていたデバイス」をタップします。
②「以前接続されていたデバイス」画面で、「Nintendo Wireless Keyboard」部分をタップします。
③接続処理中になるので、「ポケモンキーボード」で「Fn」を押しながら電源をオンにします。

3.ワイヤレス(USBレシーバー式)

 キーボードあるいはマウスからUSBレシーバーを介して入力できる先は、通常パソコンです。
 たまたま、ノートPCで使っていたロジクールのUnifying対応レシーバー採用のキーボード&マウスをダメ元で「Google Pixel 3 XL」に繋いでみたところ動作しました。

(接続に必要な機器)※実際に動作したもの
USB変換アダプタ(C to B)
・ロジクールのUnifying対応レシーバー採用のキーボードマウス
・PC ※USBレシーバーの設定に必要です。

キーボードもマウスもUSBレシーバーを接続するだけで動きます。(新たな設定等は不要)

【Google Pixel3 XL】の使い方 目次

◆開封の儀&セットアップ
◆セットアップ後、最初にしたこと、したいこと
◆指紋の登録と指紋認証および指紋センサーの使い方
◆Googleアカウントの設定
◆スクリーンショットの取得方法
◆ホーム画面上でのジェスチャー操作について
◆ホーム画面(アプリ「Pixel Launcher」)の使い方とカスタマイズ
◆最近利用したアプリの履歴画面の使い方と分割画面への移行方法
◆壁紙の変更方法
◆ロック画面の使い方とカスタマイズ
◆クイック設定パネルのカスタマイズと使い方
◆超便利「ユーザー補助機能メニュー」を使ってみよう。
◆「通知」に関するカスタマイズ
◆「マナーモード」(Do Not Disturb)について
◆端末本体(含むハードボタン)への操作による動作について
◆設定「Digital Wellbeing」とはー「おやすみモード」(Wind Down)について
◆ロック状態でも「Googleアシスタント」を利用する方法
◆「Googleアシスタント」を使ってスクリーンショットを撮る方法
◆「Google Pixel 3 XL」の画面をテレビ等にミラーリングする「キャスト」の使い方
◆「Google Pixel 3 XL」に外部(物理)キーボードとマウスを繋げてみよう。
◆「Google Pixel 3 XL」で「Suica」を使ってみよう。
◆プリインアプリ「ファイル」のカスタマイズと使い方
【番外】Googleが提供するファイル管理アプリ「Files by Google」の使い方
◆隠し設定メニュー「開発者向けオプション」の利用の仕方
◆プリインアプリ「カメラ」の機能と使い方1-入門編


【Google Pixel 3 周辺機器】
 

-Google Pixel 3
-, , , ,