【Google Pixel 3 XL】プリインアプリ「カメラ」の機能と使い方2-少し高度な使い方

2019/03/19

 「Google Pixel 3 XL」の背面カメラは、シングルレンズで、そのスペックは、12.2メガピクセル(デュアル ピクセル)・絞り値 f/1.8・視野: DFoV: 76°、また、前面カメラは、8メガピクセル広角/標準のデュアルレンズです。

・スポンサーリンク


 「Google Pixel 3 XL」には、「オンデバイスAI」(超簡単に言うとデバイス内で処理して学習するAIのこと)という技術が搭載されていて、その多くがカメラの機能(「Top Shot」(トップショット)、「Night Sight」(夜景モード)、「Photobooth Mode」(フォトブースモード)「Playground」等)に利用されています。

■■【Google Pixel 3 (&XL)】の使い方に関する関連記事■■

1.「トップショット」機能

 動きのある被写体に対して、シャッターボタンを押す前後、数フレームをキャプチャし、その中で、どれが最適なショットか推奨してくれます。
 ※自分で選ぶこともできます。
 
①このトップショット機能を利用するには、「ファインダーウィンドウ」の「モーション」コントロールボタンをタップして、「モーション:ON」に切り替えます。
②動きのある被写体に対して、シャッターをタップし(切り)ます。
③シャッターボタンの右にある撮影された写真をタップします。
④右上にある3ドットメニューボタンをタップして、
⑤「フレーム画像を選択」をタップします。

⑥画面の下にフレーム画像が表示されて、「おすすめ」の写真のところに印(白いドット)が付けられています。
⑦白線部分をスワイプして、好きな写真を選択して、
⑧「コピーを保存」をタップして、その写真を保存します。

⑨保存された写真の情報(保存容量:380KB)
⑩モーションで撮影した写真の情報(保存容量:7.52MB)

※モーションで撮影した写真は、かなりの容量を占拠します。ベストショットを選択保存しても元のモーション写真は、そのまま残っているので、不要ならば削除することを忘れないようにしてください。

※この処理は、あとでGoogleフォトからもできます。

・スポンサーリンク


2.ズーム機能

 「Super Res Zoom」機能により、被写体を拡大し、望遠レンズがなくてもきれいなショットを撮ることができます。

・ファインダーウィンドウの下に、ズームスライダー(背面カメラ:5段階、前面カメラ:3段階)があります。スライダー上を左右にスワイプするか「-」「+」ボタンをタップして切り替えます。
・ファインダーウィンドウ上をピンチイン・アウトすることで、ズームイン・アウトすることもできます。
・ファインダーウィンドウ上をダブルタップすることで、背面カメラ:1←→3、前面カメラ:2←→1を繰り返します。
・音量ボリュームキーを押下しても切り替えることが可能です。この場合は設定が必要です。

・スポンサーリンク


3.夜景モード(Night Sight)

 フラッシュなしで、暗い場所でも自然に見える写真が撮れます。

①暗い場所で写真を撮ろうとすると、ファインダーウィンドウに「夜景モードを試す」と表示されるので、タップします。
※「その他」タブ画面の「夜景モード」をタップでもOK
②必要に応じて「フォーカスオプション」をタップします。
③ファインダーウィンドウが暗いので、少し明るくしました。

④シャッターをタップします。シャッターが切り終わるまで、端末を固定します。
⑤撮れた写真です。

※遠景だとまた違った感じになると思われるので、サンプルが出来次第更新します。

・スポンサーリンク


・夜間モード サンプル(左:夜間モード、右:フラッシュなし)

4.フォトブース機能

 被写体の笑顔や変顔を検出して、自動でシャッターを切ってくれます。※自撮り専用

①「その他」タブ画面で、②「フォトブース」をタップします。
③前面カメラに切り換わるので、開始ボタンをタップします。
④停止ボタンをタップするまで、顔の表情を変えるたびに、シャッターが切られます。

5.「ポートレート」のオプション機能

 写真の撮影後に、フォーカス(焦点)を変更したり、背景および前景のボカシ度合いを調整することができます。

①被写体を「ポートレート」で撮影します。
②シャッターの右にある撮影された写真をタップします。※後からでもGoogleフォトで処理可能。
③写真が2枚(左:普通、右:「ポートレート」)撮れているので、「ポートレート」を選択(タップ)します。
④編集ボタンをタップします。
⑤編集画面(一番左のボタンが選択されている)になるので、「カラーホップ」をタップします。

⑥タップしたところにフォーカスを変更できます。
⑦左から二番目のボタンをタップして、⑧奥行きの「∨」をタップします。
⑨スライダーをスワイプすることで、背景と前景のボカシ効果を変更できます。

・スポンサーリンク


6.360°パノラマ

①「その他」タブ画面の「360°パノラマ」をタップすると、ファインダーウィンドウがパノラマの撮影用に切り換わります。
③「360°パノラマ」写真
③「水平方向のパノラマ」写真

④「垂直方向のパノラマ」写真
⑤「広い範囲」写真
⑥「魚眼」写真

 撮影方法は、簡単で、どのようなパノラマ写真を撮るか選択して、
①シャッターをタップします。
②白い透明な〇と青い●がファインダーウィンドウに現れるので、青い●が白い透明な〇の中に入るように端末を移動します。
③青い●が白い〇の中に入ると自動的にシャッターが切られます。
④ファインダーウィンドウに白い〇が現れるので、端末を少し動かすと、白い〇が青い●に変わるので、②③を繰り返します。
⑤途中で撮影を終わらせたいときは、シャッターをタップします。

7.Playground

 プレイグラウンドは、写真やビデオにキャラクター(動く犬や踊るステレオなどのプレイ文字)やステッカーなどを追加できる機能です。
 また、写真に吹き出しを付けることもできます。

※詳細はこちらをご覧ください。



【Pixel 4】での新機能が、【Pixel 3】でも利用できる

■【新機能】「ルール」の設定について※2019/11追加
■天体写真モード対応の「カメラ」アプリ(Ver.7.2)の新機能と変更点※2019/11追加

【Android 10】システムアップデート

■【Android 10】新機能まとめ
■【Android 10】アップデート後、最初にしておきたいこと
■【Android 10】新機能「ジェスチャーナビゲーション」の設定と使い方
■【Android 10】「通知」に関する新機能と変更点

【Google Pixel3 XL】の使い方 関連記事

◆開封の儀&セットアップ
◆セットアップ後、最初にしたこと、したいこと
◆指紋の登録と指紋認証および指紋センサーの使い方
◆Googleアカウントの設定
◆スクリーンショットの取得方法



◆ホーム画面上でのジェスチャー操作について
◆ホーム画面(アプリ「Pixel Launcher」)の使い方とカスタマイズ
◆最近利用したアプリの履歴画面の使い方と分割画面への移行方法
◆壁紙の変更方法
◆ロック画面の使い方とカスタマイズ



◆クイック設定パネルのカスタマイズと使い方
◆超便利「ユーザー補助機能メニュー」を使ってみよう。
◆「通知」に関するカスタマイズ
◆「マナーモード」(Do Not Disturb)について
◆端末本体(含むハードボタン)への操作による動作について



◆設定「Digital Wellbeing」とはー「おやすみモード」(Wind Down)について ◆ロック状態でも「Googleアシスタント」を利用する方法
◆「Googleアシスタント」を使ってスクリーンショットを撮る方法
◆「Google Pixel 3 XL」の画面をテレビ等にミラーリングする「キャスト」の使い方
◆「Google Pixel 3 XL」に外部(物理)キーボードとマウスを繋げてみよう。



◆「Google Pixel 3 XL」で「Suica」を使ってみよう。
◆プリインアプリ「ファイル」のカスタマイズと使い方
【番外】Googleが提供するファイル管理アプリ「Files by Google」の使い方
◆隠し設定メニュー「開発者向けオプション」の利用の仕方
◆プリインアプリ「カメラ」の機能と使い方1-入門編
◆プリインアプリ「カメラ」の機能と使い方2-少し高度な使い方



◆プリインアプリ「カメラ」の機能と使い方3-『Playground』の使い方
◆「Googleフォト」の使い方ー元の画質で無制限に保存できるようにしよう
◆着信音・アラーム音・通知音を変更する方法
◆端末を初期化(リセット)するときのバックアップと復元の方法について
◆「スリープ解除⇒ロック解除」および「スリープ⇒ロック」に関する豆知識
◆特定の条件下においてロックが掛からないようにする「Smart Lock」の使い方


※「<」「>」をタップ(クリック)するとスライドします。

【Google Pixel 3 周辺機器】
 

-Google Pixel 3
-, , , ,