【Google Pixel 3 XL】ホーム画面(アプリ「Pixel Launcher」)の使い方とカスタマイズ

2018/11/10

 「Google Pixel 3 XL」には、デフォルトのホームアプリ「Pixel Launcher」(Ver.9-4902955)がプリインストールされています。

・スポンサーリンク


 「Pixel Launcher」アプリのさまざまな機能や操作方法がわかると、スマートフォンをより賢く使いこなすことができるようになり、スマートフォンライフが一層楽しいものになります。

・デフォルトのホーム画面の構成

※見やすくするために壁紙のみ変更

Ⅰ.アイテムの配置

 セットアップ直後、プリイン以外のアプリをダウンロードしていない場合は、スクリーン上は何もない状態になっています。ここに、アプリやウィジェットあるいはフォルダといったアイテムを配置していきます。

・スポンサーリンク


1.アプリ(アイコン)の配置

1)アプリ(アイコン)の追加

①ナビゲーションバーの部分を上にスワイプして、
②「すべてのアプリ」画面を表示します。
③ホーム画面に追加したいアプリアイコンを長押しして少し動かすと、

④仮想のホーム画面が表示されるので、追加したいページまでドラッグして
⑤リリースします。

※「Pixel Launcher」の設定によって、アプリのダウンロード⇒インストールで自動的にホーム画面にアイコンを配置することも可能です。(『Ⅱ.ホームアプリ「Pixel Launcher」の設定』を参照)

2)アプリ(アイコン)の削除

①ホーム画面上で、削除したいアプリアイコンを長押しして少し動かすと、
②仮想のホーム画面が表示されるので、
③画面上段の「削除」までドラッグしてリリースします。

※ホーム画面上からアイコンを消去しただけなので、アプリがアンインストール(端末から削除)されたわけではないので安心してください。

・スポンサーリンク


2.ウィジェットの配置

①ホーム画面上を長押しすると、
②メニューが表示されるので、その中から「ウィジェット」をタップします。
③「ウィジェット」の一覧が画面に表示されるので、ホーム画面に配置したい「ウィジェット」部分を長押します。
④仮想のホーム画面が表示されるので、配置したい場所までドラッグしてリリースします。

これで「ウィジェット」の配置は、一旦完了ですが、サイズの変更が可能です。
⑤配置した「ウィジェット」を長押しして、仮想ホーム画面が表示されたらリリースします。
⑥サイズ変更の白枠が表示されるので、白線上を上下左右に軽くドラッグしてサイズと位置を調整します。
⑦調整が終了したら、軽くホーム画面上をタップし、白枠を消して完了です。

【参考】プリインアプリのウィジェット

・スポンサーリンク


3.ショートカット(アイコン)の作り方

 先ほどから、アプリアイコンを長押しするたびに、吹き出しみたいなリストが表示されたかと思いますが、これは、Oreoからの新機能で、「ショートカットリスト」といわれるものです。
 そのリスト中のメニュー部分をタップすると、その機能を直接操作する画面が表示されます。(それゆえに「ショートカット」)
 このショートカット機能をより素早く利用するためにアイコン化して、ホーム画面上に配置することができます。

①アプリアイコンを長押しします。
②「ショートカットリスト」が表示されるので、アイコン化したいメニュー部分を長押しして、
③仮想ホーム画面上にドラッグして
④リリースします。

※アプリがこの「アプリショートカット」機能に対応している必要があります。
※すべてのアプリアイコンを長押しして、どんなメニューがあるか確認してみてください。

【TIPS】設定のショートカット
 1×1「ウィジェット」のことを遠い昔は「ショートカット」と言って区別していましたが、今は「ウィジェット」に統合されています。
 「ウィジェット」の一覧から「設定のショートカット」部分を長押しして、ホーム画面にリリースするときに、さらにどの設定のショートカットなのかを選択する画面が表示されます。

「設定のショートカット」のまとめ
名称 タップしたときに表示される設定画面 本来の操作
アクセスポイントとテザリング 「アクセスポイントとテザリング」設定画面へ 設定⇒ネットワークとインターネット⇒アクセスポイントとテザリング
アプリ情報 「アプリ情報」設定画面へ 設定⇒アプリと通知⇒アプリをすべて表示
スクリーンセーバー 「スクリーンセーバー」設定画面へ 設定⇒ディスプレイ⇒詳細設定⇒スクリーンセーバー
ディスプレイ 「ディスプレイ」設定画面へ 設定⇒ディスプレイ
マナーモード 「マナーモード」設定画面へ 設定⇒音⇒マナーモード
メモリ 「メモリ使用」画面へ ???
ユーザー補助 「ユーザー補助」設定画面へ 設定⇒ユーザー補助
位置情報 「位置情報」設定画面へ 設定⇒Google⇒位置情報
「音」設定画面へ 設定⇒音
端末 「接続済みの端末」設定画面へ 設定⇒接続済みの端末
通知 「通知」設定画面へ 設定⇒アプリと通知⇒通知
通知ログ 「通知ログ」画面へ ???
電池 「電池」設定画面へ 設定⇒電池
読書灯 「読書灯」設定画面へ 設定⇒ディスプレイ⇒読書灯
VPN 「VPN」設定画面へ 設定⇒ネットワークとインターネット⇒詳細設定⇒VPN
Wi-Fi 「Wi-Fi」設定画面へ 設定⇒ネットワークとインターネット⇒Wi-Fi

※設定画面からはたどり着かない画面が2つあります。「メモリ使用」画面と「通知ログ」画面です。必要ならば、ホーム画面にショートカットアイコンを作っておくといいでしょう。

・スポンサーリンク


4.フォルダの作り方

 アプリアイコン(含むショートカットアイコン)をお好みの分類でグループ化して、フォルダとしてホーム画面上に配置することができます。1×1のフォルダアイコンになるので、ホーム画面のスペースの節約にも役に立ちます。

1)フォルダの作成

①最初は、グループ化したいアイコンをもうひとつのアイコンの上に
②ドラッグしてリリースします。
③そうするとフォルダができます。

あとはそのフォルダに、グループ化したいアイコンを次々にドラッグしてリリースしていけばOKです。
フォルダの作成が完了したら、フォルダに名前を付けます。
④フォルダアイコンをタップして、フォルダを展開したら「名前のないフォルダ」部分をタップして
⑤⑥フォルダの名前を入力します。

2)フォルダの解消
 
 フォルダ内のすべてのアイコンを長押しして、フォルダ外にドラッグしてリリースします。

5.ドックでのアイテムの入れ替え

 初期状態で、5つのアイコンが並んでいるので、これ以上アイコンを置くことができません。
 新たなアイコンを配置したいときは、ドック内にあるアイコンをスクリーン上に移動(ドラッグ&リリース)してから、その空いたところに新たなアイコンを置きます。

・スポンサーリンク


Ⅱ.ホームアプリ「Pixel Launcher」の設定

 ホーム画面上を長押して表示されるメニューの中から「ホームの設定」をタップします。

1)通知ドット

 通知があるアプリのアイコンの右上にドットを付けるか付けないかの設定です。

2)At A Glance

 ※こちらをご覧ください。

3)ホーム画面にアイコンを追加

 有効にすると、新しいアプリをダウンロード⇒インストールしたときにホーム画面にそのアイコンが自動的に配置されます。

4)Googleアプリの表示

 有効にすると、ホーム画面(メイン)の左ページに(右にスワイプすると)「Googleアプリ」が表示されます。

5)候補

①アプリ:有効にすると、「おすすめのアプリ」を「最近利用したアプリの履歴画面」の下側に、また「アプリの一覧画面」の一番上に表示します。

②操作:有効にすると、「アプリの一覧画面」で「おすすめのアプリ」とアプリ一覧の間にショートカットが表示されるようです。(規準がわからない?)

③[最近]の選択内容:有効にすると、「最近利用したアプリの履歴画面」において、各アプリの画面上にある「画像」「テキスト」を長押しして範囲指定した部分のコピーができます。
※こちらを参考にしてください。

・スポンサーリンク


6)ホーム画面の回転の許可

 有効にすると、端末を回転したときにホーム画面も回転するかどうかの選択ができます。

7)アイコンの形の変更

※フォルダアイコンは変更できないようです。

Ⅲ.壁紙の変更

※こちらをご覧ください。

【Google Pixel 3 XL】目次

◆開封の儀&セットアップ
◆指紋の登録と指紋認証および指紋センサーの使い方
◆Googleアカウントの設定
◆スクリーンショットの取得方法
◆ホーム画面上でのジェスチャー操作について
◆ホーム画面(アプリ「Pixel Launcher」)の使い方とカスタマイズ
◆最近利用したアプリの履歴画面の使い方と分割画面への移行方法
◆壁紙の変更方法
◆ロック画面の使い方とカスタマイズ
◆クイック設定パネルのカスタマイズと使い方
◆超便利「ユーザー補助機能メニュー」を使ってみよう。
◆「通知」に関するカスタマイズ


【Google Pixel 3 周辺機器】

-Google Pixel 3
-, , , , , , , ,