【AQUOS sense plus】【TIPS集】「マナーモード」の設定について

2020/05/31

 「AQUOS sense plus」(SH-M07)には、着信音・通知音やバイブやアラーム音を鳴らさないようにする「マナーモード」機能があります。



data-matched-content-ui-type="text"

※「Android 9.0(Pie)」にアップデートしている場合は、こちらを参照してください。
【AQUOS sense plus(SH-M07)】【Android 9.0(Pie)アップデート】【新】「マナーモード」の使い方
【AQUOS sense plus(SH-M07)】【Android 9.0(Pie)アップデート】【新機能】「高度なマナーモード」の機能と使い方

 「マナーモード」には4つの種類があって、着信音等をそれぞれ「鳴る」/「鳴らない」に予め決めた組合せで制御できるようになっています。
 機能ボタンを使って、素早く手動で「マナーモード」にする方法と、夜間とか決まった時間帯(いわいる「おやすみモード」)や会議等のイベント中を自動的に「マナーモード」する方法があります。

1.予備知識:音の種類と設定方法

 「マナーモード」にどのような種類があるかをみる前に、音の種類(「着信音」「通知音」「アラーム音」「メディア音」)とそれらの設定について整理しました。

設定 着信音 通知音 アラーム音 メディア音
①音源の設定 「音」設定画面の「着信音」 「音」設定画面の「デフォルトの通知音」
※各アプリの通知のカテゴリごとに設定可
「音」設定画面の「デフォルトのアラーム音」
②バイブの設定 「音」設定画面の「着信時のバイブレーション」 ※各アプリの「通知のカテゴリ」設定の「バイブレーション」 なし
③音量の設定 「音」設定画面の「着信音の音量」 ※着信音と同じ 「音」設定画面の「アラームの音量」 「音」設定画面の「メディアの音量」

・左側:「音」の設定画面
・右側:(アプリごとの)「通知のカテゴリ」の設定画面例

※音源の設定(「着信音」と「通知音」は同じメニューです。)

2.「マナーモード」と各音との関係

 「マナーモード」には、「通常」「サイレント」「アラームのみ」「優先する通知のみ」という4つの種類があり、それらの種類によって、着信音やバイブやアラーム音等が、「鳴る」(振動する)/「鳴らない」(振動しない)の予め決められた組合せで制御できるようになっています。

・スポンサーリンク


マナーモードの種類 着信音・通知音 アラーム音 メディア音
通常 ×
(バイブ)ON/OFFの設定にかかわらず〇

※音量ゼロのときは×
サイレント ×
(バイブ)ON/OFFの設定にかかわらず×
× ×
アラームのみ ×
(バイブ)ON/OFFの設定にかかわらず×

※音量をゼロにはできない
優先する通知のみ
【優先する通知の設定】を参照

【マナーモードの切替方法】
①画面外から2本指で下にスワイプして、機能ボタンエリアを表示します。
②機能ボタンをタップして、「マナーモード」をONにします。
③さらに、▼部分をタップして、④「通常マナー」「サイレント」「アラームのみ」「優先する通知のみ」から状況に応じた「マナーモード」をタップして切り替えます。

※現在、どの「マナーモード」が適用されているかは、ステイタスバーのアイコンで確認することができます。

【優先する通知の設定】
 「マナーモード」を「優先する通知のみ」に設定した場合に、その優先する通知とは何かを別途設定することができます。
①「マナーモード」機能ボタンの▼部分をタップして表示される設定画面で「優先する通知のみ」をタップしたときに
②表示される説明欄にある「カスタマイズ」をタップします。⇒「優先する通知のみを許可」画面になります。
この「優先する通知のみを許可」画面で、優先する通知の設定ができます。
③「メッセージ」と「通話」は、その部分をタップして、
④許可する「連絡先」を限定することができます。

3.「マナーモード」のスケジューリング機能(「ルールタイプ」による設定)

 上記で紹介したのは、その時々の周囲の状況に応じて、ステータスパネルの機能ボタンを利用して手動で「マナーモード」にする方法でしたが、ある特定の時間帯(夜間とか会議中とか)を自動的に「マナーモード」に設定する機能があります。

・スポンサーリンク


①設定画面で、「音」をタップします。
②「音」画面で、「マナーモードの詳細設定」をタップします。
③「マナーモードの詳細設定」で「+追加」をタップします。

④「時間」か「予定」かのルールタイプを選択(タップ)します。
(以降「時間ルール」の場合です。)
⑤「ルール名」(ここでは「おやすみモード」)を入力します。⇒入力したルール名の設定画面になります。

⑥「曜日」を設定
⑦「開始時刻」を設定
⑧「終了時刻」を設定
⑨「マナーモード」を「通常マナー」「サイレント」「アラームのみ」「優先する通知のみ」から設定

⑩ONにすると「サイレント」に設定しても「アラーム」が優先されます。
⑪このルールを有効にします。

【注意点】
 「マナーモード」機能ボタンでの設定が、「ルールタイプ」による設定よりも優先されます。つまり、暗黙的な自動設定より、明示的な手動設定の方が強いということです。

【TIPS】ルールタイプを「予定」にした場合
 Googleカレンダーの予定に連動して、「マナーモード」の設定ができます。
 上記④のところで、「予定ルール」をタップして、「ルール名」を入力すると設定画面が表示されます。

①「対象となるカレンダー」を「すべてのカレンダー」またはアカウントから選択します。
②「返信」を「はい」「はい/未定」「はい/未定/返信なし」から選択します。
※(招待と無関係な)予定は、どれを選択してもすべて対象になります。よって、マナーモードにしたい予定は、それ専用の別アカウントで管理したほうがいいでしょう。
③「マナーモード」を「通常マナー」「サイレント」「アラームのみ」「優先する通知のみ」から設定します。

【実践例】ある特定(「映画鑑賞」)の予定のみをマナーモード「サイレント」にします。
・設定画面の「ユーザーとアカウント」をタップして、新たなGoogleアカウントを追加します。
・Googleカレンダーに追加したアカウントが表示されます。
・マナーモード「サイレント」とする予定を作成するときは、追加したアカウントで作成します。
・「予定ルール」を作成するときの「対象となるカレンダー」を追加したアカウントにします。



■ウィズ・コロナ 必需品

       

Amazon テレワーク・在宅勤務 特集

       

【AQUOS sense シリーズ】【Android 10】新機能

【AQUOS sense シリーズ】【Android 10】アップデートと新機能
【AQUOS sense シリーズ】【Android 10】「ダークテーマ」の設定と切り替え
【AQUOS sense シリーズ】【Android 10】新しいシステムナビゲーション「ジェスチャーナビゲーション」の使い方
【AQUOS sense シリーズ】【Android 10】新機能を使ったホーム画面のカスタマイズ
【AQUOS sense シリーズ】【Android 10】クイック設定パネルの新規項目「フォーカスモード」「おやすみ時間モード」
【AQUOS sense シリーズ】【Android 10】各アプリからの「通知」を簡単に変更することができます。

【AQUOS sense plus】【Android 9.0(Pie)アップデート】新機能と変更

■新機能と変更点
■新機能「ナビゲーション」の使い方
■新機能「ユーザー補助機能メニュー」
■「スクリーンショット」の撮り方 いろいろ
■【変更】マルチウィンドウにする操作方法
■【新】「マナーモード」の使い方
■【新機能】「高度なマナーモード」の機能と使い方

【AQUOS sense plus】関連記事

◆開封とセットアップ
◆SIMカードの挿入のしかた
◆セットアップ後、最初にしておきたいこと
◆設定画面と設定のショートカット
◆指紋登録の方法と指紋センサーの使い方
◆Googleアカウントの設定
◆スクリーンショットの撮り方




◆ステータスパネルの機能ボタンエリアのカスタマイズ
◆ホームアプリ「AQUOS Home」のカスタマイズと使い方
◆画面を2分割して利用する方法
◆ロック解除とロックのタイミングについて
◆ロック画面の使い方とカスタマイズ
◆ロック画面のシャッフル壁紙の画像を変更する方法
◆「通知」に関する知識とカスタマイズ




◆マナーモードの設定について
◆もう一つのホーム画面「AQUOSかんたんホーム」のカスタマイズ
◆電池管理画面の見方と電池節約のヒント
◆端末画面をそのままテレビ画面に出力する方法(ミラーリング)について
◆ファイル管理アプリ「コンテンツマネージャー」の使い方
◆機種変更による「モバイルSuica」の引き継ぎ

【AQUOS sense plus】アクセサリー

   

-aqTIPS
-, , , , , , ,