【AQUOS sense シリーズ】【Android 10】新機能を使ったホーム画面のカスタマイズ

2020/12/05

※レビュー機種:「AQUOS sense plus SH-M07」
※AQUOS Home:Ver.29.025.000



新機能を使ったホーム画面のカスタマイズ(例)

①ホーム画面上を右方向スワイプして、「Googleアプリ」を表示できるようにします。

・ホーム画面上を長押しして表示されるホップアップメニュ-から「ホームの設定」をタップします。
・「ホームの設定」画面が表示されるので、「Googleアプリの表示」を有効にします。




②「エモバー」の時計ウィジェットを追加します。

・ホーム画面上を長押しして表示されるホップアップメニュ-から「ウィジェット」をタップします。
・「ウィジェット」一覧から、「エモバー」の時計ウィジェットを長押しして、
・ホーム(編集)画面上までドラッグして、リリースします。
・「ウィジェット」を長押しして、追加場所を調整して、OKであれば画面上をタップします。

③AQUOSアプリの新しいショートカット(ウィジェット)を追加します。

・「ウィジェット」一覧から、必要に応じて、AQUOSアプリのショートカットアイコンをホーム画面上に追加します。
※追加方法は、②と同じ。




④「アイコンの形」の変更

 「ホームの設定」から「アイコンの形の変更」が削除されています。その代わりに
・【設定】⇒【システム】⇒【開発者向けオプション】⇒【アイコンの形】で、アイコンの形の変更が可能になっています。

・変更できるアイコンの形

※「開発者向けオプション」は、隠し設定で、【デバイス情報】の「ビルド番号」上を7連打することで、有効になります。

⑤「アクセントカラー」の変更

・【設定】⇒【システム】⇒【開発者向けオプション】⇒【アクセントカラー】をタップします。
・「アクセントカラー」を選択すると、見出し等の文字色等が変わります。



-android10
-, , , , ,