【AQUOS sense シリーズ】「カメラ」の使い方3ーAR(拡張現実)撮影を体験してみる。

2021/04/19

※レビュー機種:AQUOS sense3(SHV45-u)【Android 10】



 
 AQUOS sense シリーズのデバイスにプリインストールされている「Google Play Services for AR」アプリにより、ARCoreで構築された拡張現実(AR)を体現することができます。

※「AR」とは、英語の「Augmented Reality」の略で、「拡張現実」が日本語訳になります。

※アプリバージョン:1.22.203220503

1.ARCoreとは

 ARCoreは、拡張現実体験を構築するためのGoogleのプラットフォームです。
 ARCoreは、3つの主要な機能を使用して、仮想コンテンツをスマートフォンのカメラを通して現実の世界と統合します。
・Motion Tracking(自己位置推定)
・Environmental Understanding(平面認識)
・Light Estimation(明るさ推定)

(例1)「ポケモンGO」をプレイしている方は、既にARCoreを体現しているはずです。

 ポケモンを捕獲するときに、「AR」を有効にすると、背景が、カメラを通した現実の世界で、ポケンモンが仮想コンテンツになります。

(例2)「Googleマップ」の「ライブビュー」

2.ARCoreに対応している「AQUOS sense シリーズ」のデバイス

・AQUOS sense3
・AQUOS sense3 basic
・AQUOS sense3 plus
・AQUOS sense4
・AQUOS sense4 basic
・AQUOS sense4 lite
・AQUOS sense5G

3.ARアプリをインストールして体験してみましょう

 ARCoreを利用したいろいろなアプリが存在しています。
・試着系(メイクアップ、家具配置等)
・測定系(メジャー等)

※アプリだけではなく、多くのARCoreを利用したWEBサービスも存在しています。

1)自撮りメイクアップ系アプリ

・YouCam メイク

※参考:Amazonで商品購入前に、自撮り写真を使ってメイクアップアイテムを試すことができるWEBサービス「バーチャルメイク」

2)スマートフォンを巻き尺として利用できるグーグル提供のアプリ「Measure」

3)自撮り専用ARカメラアプリ「SNOW スノー」

■■こちらも参照してください。他にもいろいろな便利な使い方が発見できるかも。
【AQUOS sense シリーズ】【Android 10】の使い方



-AQUOS sense3
-, ,