【HUAWEI Mate 10 Pro】【TIPS集】7.「投影」(ディスプレイ出力)機能とPCライクな使い方

2018/04/06

「HUAWEI Mate 10 Pro」には、外部ディスプレイと接続できる「Easy Projection」(日本語では「投影」)機能があります。
「ディスクトップ」モードと「端末(Phone)」モードがあり、「ディスクトップ」モードは、「HUAWEI Mate 10 Pro」にキーボードとマウスを接続して、PCのように使いことが可能になります。
「端末(Phone)」モードは、画面ミラーリングできるので、「HUAWEI Mate 10 Pro」を大画面を見ながら操作できるようになります。

・スポンサーリンク


1.「投影」機能の概要

まずは、設定にある利用方法を見てみましょう。
①設定画面の「デバイス接続」をタップします。
②「デバイス接続」画面で、「投影」をタップします。
すると「投影」に関する簡単な説明が記載された画面になります。

ここの説明を読むと感覚的には、「HUAWEI Mate 10 Pro」とディスプレイを接続してマウスとキーボードを使って操作できることがわかります。

1)接続方法



ここの説明を見ると、ディスプレイと接続するために、「ドック」か「(USB-C to HDMI)ケーブル」が必要になります。
※「HUAWEI Mate 10 Pro」に対応した「ドック」はまだ発売されていないと思いますが、動作保証はされていませんが、「Galaxy」専用の「Dex Station」またはHUAWEI「Matebook」用が利用できるようです。


・キーボードとマウスは、「ドック」を利用する場合は、それに接続して、「ドック」がない場合は、Bluetoothで接続します。
※キーボードやマウスがなくても、「HUAWEI Mate 10 Pro」自体が仮想キーボードとタッチパッドになるので心配はいりません。

2)使用方法



投影モードには、「ディスクトップ」モードと「端末(Phone)」モードがあることと、その切り替えが「通知パネル」から実行できることがわかります。

2.実践:接続編

では、実際に「HUAWEI Mate 10 Pro」とディスプレイを接続して見ましょう。(今回は「(USB-C to HDMI)ケーブル」を使用)
ディスプレイのHDMI端子にケーブルを差し込んで、もう一方を「HUAWEI Mate 10 Pro」のUSB-C端子に差し込むとディスプレイの画面が「ディスクトップ」モード(PCライク)で表示されます。

1)最初に接続したときの「HUAWEI Mate 10 Pro」の画面


※設定画面の説明とほぼ同じです。スキップか最終ページの「開始」をタップしてください。

2)ディスプレイの画面

【ディスクトップのレイアウト】
・デスクトップ上の左端:ショートカットアイコン「ファイル」「Chrome」「メール」「メモ帳」「ギャラリー」「ビデオ」が配置されています。
・画面左下:すべてのアプリをクリックすると「スタートメニュー」になります。その右側はタスクバーです。
・画面右下:ステータスバーとナビゲーションバーが表示されています。

【注意事項】
・「(USB-C to HDMI)ケーブル」を利用して接続する場合、「投影」機能の使用中は、充電できなくなるので、充分に充電してから利用してください。

・スポンサーリンク



3.実践:操作編―「ディスクトップ」モード

「HUAWEI Mate 10 Pro」をPCライクに利用することができます。

1)タッチパッドの使い方

「HUAWEI Mate 10 Pro」で通知パネルを表示して、「仮想キーボードおよびマウス」部分をタップします。そうすると「HUAWEI Mate 10 Pro」の画面がタッチパッドになります。
メニューからヘルプを開いて、操作方法を確認してください。

・マウスポインタ―を動かすには、画面上をスワイプします。
・左クリック=画面上をタップします。
・右クリック=画面上を2本指でタップします。
・ドラッグ&ドロップ=画面上をダブルタップした後そのままスワイプしてリリースします。
・ホイール回転(スクロール)=画面上を2本指で上下にスワイプします。

2)スタートメニュー(動作するアプリ)

スタートメニューには、プリインアプリの「ファイル」「Chrome」「メール」「メモ帳」「ギャラリー」「ビデオ」「カレンダー」アイコンとインストールしたサードパーティのアプリのフォルダが表示されます。

・スタートメニュー

※サードパーティのアプリは、すべてのアプリが動作するとは限らないようで、動作確認は、自ら行う必要があります。

※動作するアプリついては、機会があれば報告したと思います。Office系が想定通りに動作すれば、ノートPCが要らなくなるかも。

3)デスクトップ上を右クリックしたときのメニュー


・壁紙の変更:画像選択ウィンドウが表示されます。
・画面サイズの変更:

・フォルダ、ファイルの作成:ディスクトップ上にフォルダ、ファイルの作成ができます。

4)通知センターの表示

ステータスバーにあるネットワークの状態アイコンをクリックするとディスクトップの右側に「通知センター」(通知パネルとショートカットパネル)が表示されます。

5)アプリアイコンを右クリックしてできる操作

・ディスクトップ上のショートカットアイコン




・スタートメニューのアイコン




・「デスクトップに追加」:デスクトップ上にショートカットが作成できます。


・タスクバー上のアイコン



 

4.実践:操作編―「端末(Phone)」モード

通知パネルのモード切替をタップして、「ディスクトップ」モードから「端末(Phone)」モードにします。
「HUAWEI Mate 10 Pro」の画面がそのままディスプレイにミラーリング表示されます。横画面にするとフルスクリーン表示されます。

・画面分割モードでの表示例

・スポンサーリンク


-hwTIPS
-, , , , ,