【HUAWEI Mate 10 Pro】【TIPS集】4.「Safeボックス」の使い方

2018/04/19

 「HUAWEI Mate 10 Pro」では、指紋認証またはパスワード入力でしかアクセスできない「Safeボックス」というエリアを作成することができます。
 他人に見られたくない秘密のファイル(画像、ビデオ等)を管理するのに最適な機能です。

・スポンサーリンク



1.「Safeボックス」を利用できるようにします。

ホーム画面上からプリインアプリ「ファイル」のアイコンをタップします。
①カテゴリ「Safeボックス」ボタンをタップします。
②「有効化」をタップします。
③「Safeボックスを作成」画面で内部ストレージをタップします。

④パスワードを入力します。6文字以上16文字までで、半角英字を1文字以上含めること
⑤パスワードを忘れたときのために、秘密の質問(2問)と回答を設定します。
⑥指紋認証を使う場合は「関連付け」をタップします。※後からでも設定できます。

これで、「Safeボックス」が利用できるようになります。

2.「Safeボックス」にファイルを移動する方法

※フォルダは移動できません。

1)ファイル管理画面から




①ファイル管理画面からファイル名部分を長押しして
②表示されるメニューの「その他」をタップして
③表示されるサブメニューの「Safeボックスに移動」をタップします。

2)「Safeボックス」画面から

①「Safeボックス」を開いた画面のメニューから「追加」をタップします。
②選択画面が表示されるので、「画像」「音楽」「ビデオ」「ファイル」かのいずれかをタップします。
③ファイルを選択できる画面になるので、「Safeボックス」に移動するファイルをチェックして「追加」をタップします。

※または、各カテゴリ画面のメニューにある「追加」をタップしても③以降と同様の操作で移動できます。

3.「Safeボックス」へのアクセス方法

①ホーム画面上の「ファイル」アイコンをタップして、カテゴリ「Safeボックス」ボタンをタップします。
(または、「ファイル」アイコンをタップ⇒「本体」をタップ⇒「Safeボックス」ボタンをタップ)
②指紋認証または(指紋認証を関連付けていない場合)パスワード入力で、「Safeボックス」を開きます。

※パスワードを忘れた場合は、秘密の質問に回答して、パスワードを変更します。


※指紋認証をあとから適用する方法


①端末の設定画面で「セキュリティとプライバシー」をタップ⇒「指紋ID」をタップ⇒「指紋管理」をタップ⇒パスワードを入力すると左の「指紋管理」画面になります。
②Safeボックスへのアクセスを「ON」にします。


・スポンサーリンク



4.「Safeボックス」の削除

①「Safeボックス」画面で「設定」をタップします。
②設定画面で、「SAFEボックスを削除する」をタップします。
③指紋認証すると確認画面が表示されます。※または、パスワードを入力

④「Safeボックス」にあるファイルを端末に残す場合は、「ファイル移動」部分をチェックして「OK」をタップします。
⑤移動先のフォルダを指定します。

5.複数の「Safeボックス」を作成

①「Safeボックス」の設定画面で「Safeボックスの切替」をタップします。
②「Safeボックスを選択」画面で「Safeボックスを作成」をタップします。
以下、1.の③以降と同様の操作で新たな「Safeボックス」が作成できます。

※複数「Safeボックス」運用の注意点
・指紋認証を利用することはできません。必ずパスワード入力になります。
・「Safeボックス」の名称を変えることができないようで、作成日で区別するしかないです。

・「SAFEボックスを削除する」をタップするとすべての「Safeボックス」が削除されてしまいます。

・スポンサーリンク



-hwTIPS
-, ,